なんで僕は、日本のゴルフ人口を増やすのか?深く考えてみた。

先日、バレンタインデーだったんだけど、1つもチョコレート貰えなかった。

皆、遠慮してたのかな(´・ω・`)

なので、お客さんにチョコ配った。

どうも、ラブラブハートおじさんです。

さて、前々回の記事で、日本のゴルフ人口を増やすって書きました。

なんでそう思ったのか?

自分は何を望んでいるのか?

それを書いていきますです。

ゴルフ大好き。ゴルフバカ

まずは、ゴルフおじさんが、どんだけゴルフ好きなのかを書いていきます。

これ、どーでもいいんですけどね。

書きたいから書いちゃう。

ゴルフコースに行く前日からの、ゴルフおじさんの行動を書いていきます。

もはやプチ旅行

朝6時50分に、自宅を自家用車で出発する。

仕事に行くのである。

出勤時間は9時30分なんだが、自宅から職場まで片道45キロある。

朝は通勤ラッシュ渋滞が半端ないため、2時間40分前に自宅を出発するのだ。

高速なんて使わない。

車の中では、ラジオショッピングの勧誘と戦っている。

勧誘に打ち勝ち、職場に9時過ぎに到着だ。

▲職場はゴルフショップなんで、ゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフウエアなどに囲まれている。

お客さんともゴルフの話。

ゴルフざんまいだ。

18時に勤務終了。

そして、自宅までまた45キロかけて帰るのだ。

ラジオショッピングの勧誘にも打ち勝つ。

もう、枕は買わない。

20時過ぎに自宅に到着。

夜ご飯を食べる。

で、まだまだプチ旅行は終わらない。

22時から、自宅近くの練習場に出勤するのだ。

▲ひたすらゴルフボールを打つ音を聞いてる。

心地が良い。

ここでもお客さんとゴルフの話。

心地が良い。

もう、変態だ。

深夜2時になって、練習場の業務は終了だ。

▲球がいっぱい落ちている。

球拾いの始まりだ。

▲これを押して、ひたすら歩く。

カゴが球でいっぱいになったら、大きな箱にいれる。

ひたすら繰り返す。

まぁまぁ、しんどい作業だ。

頭からゴルフボールが生えてきそうだ。

▲1時間かけて球拾い終了や。

深夜3時過ぎに、自宅に到着。

シャワーを浴びる。

鼻歌を歌いながら。

そして、布団に入るかと思いきや、ここからまた車に乗り込む。

いよいよゴルフコースに向かうのである。

ゴルフのスタート時間は、いつもだいたい9時頃なんだが、

やはり、朝の渋滞を避けたいので、早めに出発するのだ。

基本、高速は使いまてん。

深夜4時頃、出発だ。

ここからまた、片道50キロのドライブだ。

ちょっともう、頭がおかしい。

ゴルフコース近くのコンビニに到着して、少し仮眠。

▲そして、遠足当日の少年のように、目をキラキラさせながら、ゴルフコースに向かうのである。

はい。どーでもいい、ゴルフ大好き自慢に付き合っていただき、ありがとうございます。

ツッコミどころ満載だと思いますが、そこはグッとこらえてくださいw

結局のところ何が言いたいのか?

本題に戻ります。

好きなことで感動を与える

上記にも書いたように、ゴルフおじさんはゴルフが大好きです。

寝る間を惜しんででも、ゴルフをするのが楽しい。

多少、身体がきつくても、ゴルフをするのが楽しい。

以前、なんでゴルフ人口を増やしたいのか聞かれたことがありました。

その時は

このままじゃ、ゴルフ人口はどんどん減ってしまい、ゴルフ市場が縮小してしまう。

なので、ゴルフ人口を増やさないとまずいんだ。

なんか、ざっくりな感じでした。

本当にこれを求めてるのか?って感じ。

きれいごとを言ってる感じ。

もちろんのこと、ゴルフ人口を増やせたら最高です。

でも、それって、結果なんだなって。

僕が本当に、心の底から求めているものは、

自分の存在意義を見出すことだと、最近強く思う。

情熱を注げる大好きなゴルフを通じてなら、感動、喜びを与えることができる。

そうすると、自分にも感動、喜びが帰ってくる。

そうすると、また更に与えたくなる。

たくさんたくさんゴルフで感動、喜びを与えた結果、ゴルフ人口が増えている。

ゴルフ人口を増やすことによって、自分を見つけたいのかもしれない。

「人生で一番大事な日は二日ある。生まれた日と、なぜ生まれたかを分かった日だ。」(マーク・トウェイン)

まとめ

ゴルフおじさんは、人に感動してもらったり、喜んでもらうことが大好きです。

でも、感動して喜んでもらえるなら、なんでもいいって訳でもありません。

自分がやりたくないことで、人に喜んでもらっても、継続はないと思っています。

やっぱり自分が情熱を傾けられること、大好きなことで人に感動や喜びを与えなくちゃ。

ゴルフおじさんも一緒に、感動して喜びたいもん。

あー、スッキリした。

自己満ブログに最後までお付き合いしていただきありがとうございます。

それでは皆さん、明日に向かって

ナイスショット!!

ファーーーーー‼