ゴルフ アーリーリリース。手首のコックが解けてすくい打ち。

今回は、ちょんまげゴルファーのゴロウさんに登場していただきました。

んで、まだまだすくい打ちネタをしつこくやっていくよ。

ゴロウさんが何故すくい打ちになってしまってるのか分析していきます。

ゴロウさん、動画提供ありがとうございます。

ちょんまげは、真ん中よりも、少し斜めにセットされてるのがいい。

松平健のちょんまげが好きです。

どうも、暴れん坊おじさんです。

アーリーリリース

▲まずは、ゴロウさんのスイングをご覧ください。

ボールの手前を大きくすくってます。

アーリーリリースになってしまっているため、すくい打ちになっちゃってます。

てか、そもそもアーリーリリースとは何か?

ちょー簡単に説明します。

アーリーリリースとは手首が早く解けることです。

手首が解けるって、どーゆうことなのか?

簡単に体感できる方法があります。

ゲッツをやってみて下さい。

ダンディー坂野のやつ。

やりましたか?

それです。それが手首の解けです。

手首の解けが早くなってしまう原因は色々とあります。

今回は、その原因の修正をするとかじゃなく

手首が解けにくくするためのイメージを膨らませてもらいたいと思います。

太鼓を力強く叩くイメージ

皆さん、太鼓って叩いたことないですか?

子供の時に、一度は叩いたことがあると思います。

太鼓を力強く叩くイメージをしてみてください。

ゴルフボールが太鼓だと思って叩くイメージをしてみてください。

▲ゴロウさん、太鼓を叩く準備は出来ています。

よーし、叩くぞ。

せーのっ!

▲って、身体が太鼓のほうに突っ込んでいってしまってる。

この体勢だと、太鼓を力強く叩けないのです。

このまま叩くと地面を掘ってしまいます。

▲自分でもそれが分かっているため、徐々に身体を起き上がらせて、地面を掘らないように帳尻合わせをしてしまいます。

この段階で太鼓を叩いてしまってます。

ゲッツしちゃってます。

▲地面を大きく掘って、手首を痛めたくないって思いが無意識にあるため、左の肘を少しずつ上に上げていき

▲左肘が引けてしまうのです。

ゴルフクラブを逆さまに持って素振り

とは言って、イメージは出来ていても、いざやるってなるとなかなか難しいです。

オススメの練習は、右手一本でクラブを逆さまに持って素振りをしてみてください。

右手一本での片手素振りをしてみてください。

目の前に太鼓があるのを想定して、どうすれば力強く叩けるのか?

身体をどう動かせばアーリーリリースしないのか?

考えてイメージするのが大事だと思います。

最後にキャディーの田渕豊さんの動画と写真も載せときます。

参考になれば幸いです。

▲まだゲッツしてない。

ゴルフおじさんは、この段階でゲッツ気味になってしまう。

▲ここでようやくゲッツする。

理想的です。

▲ビューティフルです。

田渕さん、動画提供ありがとうございます。

今回は、動画を載せる初の試みをしました。

不都合があったら申し訳ございません。

改善するので教えてくださいね。

あと、もっと写真、動画の撮り方勉強します‼

見にくかったらごめんなさい🙇

ではでは、お付き合いありがとうございました‼

ファーーーーー‼