ゴルフスイング時の身体の起き上がり、左肘の引け修正方法。

先日、39歳になりました。

そんなはずはないと思っています。

どうも、重度のピーターパン症候群おじさんです。

スイング時の身体の起き上がり

さて、今回もワンポイントレッスンさせていただきました。

▲遠路はるばる、車で1時間以上かけて来ていただきました。

大樹さん(おーちゃん)です。

ブログに載せるのを、快く承諾してくれました。

ありがとうございます‼

おーちゃんからの悩み相談は、スイング時の身体の起き上がりを直したいとのことでした。

いやー、分かります。

この悩み持ってる人、結構いると思います。

ボールを打つ時に身体が起き上がってしまうと、ダフリ、トップ、シャンクなど色々なミスがでてしまいます。

左肘の引け

そして、この起き上がりにセットで、もれなく付いてきて悪さをするのが

左肘の引けです。

左肘の引けは、あのすくい打ちの原因にもなっています。

今回は、この2点を修正するためのレッスンをさせていただきました。

ではでは、レッツラゴー。

ボールと身体の距離感

▲すくい打ちの記事の時でも書いたんですが、アドレス時に、ボールに近寄りすぎてしまっています。

▲ボールに近寄り過ぎてしまうと、ボールを打つ時に懐(ふところ)を広く使えないため、詰まったような窮屈なスイングになってしまいます。

結果、身体が起き上がって左肘が引けてしまいます。

スロー素振り

おーちゃんの場合、下半身の力をあまり使わずに、上半身の力を強く使ってボールを打っていました。

力が上に逃げてしまうので、身体が起き上がってしまいます。

もう少し下半身の力を意識してほしかったので、下半身の力の使い方クラブの正しい軌道10秒くらいかけての、ゆっくり素振りで体感してもらいました。

何度もスロー素振りをして、イメージを身体に植え付けてもらいました。

▲これ、めっちゃめっちゃ良かったです。

凄くカッコイイw

レッスン後

さてさて、どーなったでしょうか?

▲修正前

▲修正後

いい感じです。ふところが広くなりました。

▲修正前

▲修正後

いやー、いいですね。

詰まった感じ、窮屈感がなくなってます。

▲修正前

▲修正後

左肘の引けも直ってます。

下半身も粘り強くなって、起き上がりもおさまってます。

▲修正前

▲修正後

フォロースルーも、伸び伸びと大きくなって気持ちがいいですね。

ナイスショット‼

まとめ

結果、おーちゃんセンスありありです。

既に、スコアも100切りしてる方なので、ゴルフ上手です。

これからが楽しみです(^-^)

おーちゃん、ありがとうございました‼

またよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、お付き合いありがとうございました‼

ファーーーーーー‼