ゴルフのすくい打ち修正方法。ダウンブローで上から下に打ち込もう。

どうも、すくい打ち撲滅委員会理事長のゴルフおじさんです。

前回のブログ同様に、今回もすくい打ち修正方法について書いていきます。

よろしくお願いいたします‼

なぜ初心者はすくい打ちになりやすいのか?

僕の持論なんですが、先入観が影響していると思ってます。

【ゴルフって、地面に置いてある小さい球を、棒みたいなもので打って、高く遠くに飛ばして、最後は転がして小さい穴に入れる】

これは、ゴルフ始める前の僕のゴルフのイメージです。

この高く遠くに飛ばすイメージを持ったままゴルフをすれば、必然的に球をすくい上げて打つ動きになってしまいます。

なぜなら、下から上に打たないとボールが上がらないし飛ばないと思い込んでしまっているから。

てか、そう思っちゃいませんか?

物理的にも。

しかーし、そこが罠だったのです。わなわな。

ボールを上げようとしない

ここがポイントなんです。

下から上に打つんじゃなくて、上から下に打つんです。

いやいや、それじゃボール上がらないし飛ばないだろって思いますよね?

実際は、ボール上がるし飛びます。

もちろん、極端に上から下に打ったら地面掘るし手首を痛めますw

では、どんなイメージでボールを打てばいいのか?

斜め上からひっぱたく

皆さん、卓球ってやったことありますか?

卓球のスマッシュをイメージして下さい。

スマッシュ打つとき、下から上には打たないと思います。

上からテーブルにめがけて打ちますよね。

▲このうちわが、卓球のラケットだとします。

▲このおじさんの顔がボールだとします。

▲下から上に振ると、おじさんの手が邪魔でうまくおじさんをひっぱたけません。

▲上から下に振れば、おじさんの頭をひっぱたけます。

おじさんの頭をスマッシュ‼

ゴルフクラブを正しく使おう

上から下に打ち込んでるのにうまくいかない方。

スマッシュしてるのにうまくいかない方。

もしかしたら、左腕の動きが正しく使えてない可能性が大です。

腕の動きには、内旋、外旋っていう動きがあります。

おそらく、左腕の外旋がうまくいってないのかもしれません。

※右打ちの人の場合です。

▲クラブをこのように左手で持って

▲右に回す動きが内旋。

▲そして、左に回す動きが外旋です。

この外旋運動をしてない可能性があります。

ボールを打つ時に外旋運動をしないで、手首が甲側に折れてないですか?

そうなってしまうことで、すくい打ちが発生してしまうのです。

▲外旋しないとクラブフェースが開いたまますくい打ち。

▲外旋できてればクラブフェースが閉じてきて、前回ブログにアップしたハンドファーストが出来上がります。

で、左腕の外旋運動ができてれば、右腕はそれにつられて内旋運動になります。

そう、おじさんの頭をひっぱたく動きです。

さて、この内旋、外旋運動をする上で注意してほしいことがあります。

肩は内旋、外旋しないでください。

もちろん、少しは動くと思いますが、意識の問題です。

肩の力を抜いて、両脇を軽くしめて、肘から下だけを内旋、外旋してください。

リラックスしてやってみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

次回もすくい打ち撲滅について書いていきたいと思います。

お付き合いありがとうございました‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする