ゴルフ左の壁は必要なのか?物理的にわかりやすく説明してみます。

どうも、
ゴルフおじさんです。

ゴルフを始めてしばらく経つと、

こんな言葉を聞いたり見たりしませんか?

【左側にカベを作りなさい|д゚)】

(※右打ちの場合)

会社の上司と一緒に打ちっぱなしに行くと

『もう少し左側に壁を意識したまえ(´・_・`)』

って言われ、

ゴルフ雑誌を開けば

『左側にカベを作ってナイスショット!( ゚Д゚)』

って書いてあるのを見る。

このように、左の壁パラダイスに陥ったことはないですか?

僕は物理学者ではないので、専門的な用語とかは分からんですが、

なぜ左の壁が必要なのかを、物理的になるべく簡単に説明できるように頑張りますね。

ではでは、どうぞ(-ω-)/

左に壁を作れと言われている理由

そもそもなぜ左に壁を作るのか?

その理由は

①【体が左に突っ込んでいかないようにする】

②【クラブヘッドを走らせる】

大きく分けると、この2つだと思います。

この2つの共通点は、スライスの改善にもなりますね。

体が左に突っ込んでスエーしてしまうと、

スイング中にクラブフェースは開いてしまい、クラブヘッドも走らないので

ボールに力が伝わりづらくなり、弱々しいスライスになります。

逆に、クラブヘッドを上手く走らすことができれば、

ボールをつかまえることができ、力強いフックボールを打てます。

【関連記事】ローテーションを覚えてスライスを直す

左に壁を作るとエネルギーが生まれる

実はゴルフおじさん、

クレーンの資格と、玉掛の資格を持ってるんです。

だから何?(;´・ω・)

って感じだと思いますが、

このクレーンと玉掛を例に説明しますので、もう少しお付き合いくださいね。

▲クレーンっていっても、工場内にあるこうゆうやつです。

移動式の天井クレーンです。

▲これに重い荷物を引っかけ、釣り上げてリモコンで移動させるんです。

荷物を引っ掛けるだけでも実は資格がいるんですよ。

それが玉掛の資格です。

あ、少し話がそれました( ̄ー ̄)

戻します。

▲さて、このようにクレーンに荷物を引っかけます。

で、右にリモコンでしばらく移動させてキュッと止めます。

どうなると思います?

荷物は右側に大きく振られます。

ゴルフで例えると、クラブヘッドが走った状態です。

逆に、右にリモコンでしばらく移動させて、止める瞬間に右に少し移動させて止めると

荷物の振れは小さくなります。

ゴルフで例えると、左にスエーしてクラブヘッドが走ってない状態です。

もう少しわかりやすく、5円玉と50円玉を使って動画で説明しますね。

↓↓↓まずは、こちらをご覧ください(・ω・)ノ

https://youtu.be/pipnTqWBbWs

ご覧になっていただけましたか?

このような動きを物理学的に言うと、

力の慣性って言い方をします。

例えば、電車に乗っていて急ブレーキがかかると、

体は進行方向に持ってかれます。

画像:力のモーメント – JCA

これらを踏まえて、最後に簡単に説明しますね。

ズバリ、

【左に突っ込んでスエーするとクラブヘッドは走らない】

【ブレーキをかければクラブヘッドは走る】

です( ̄ー ̄)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

左の壁とは、力を効率的にボールへ伝えるために生まれた言葉かもしれませんね(´・ω・`)

あくまでもゴルフおじさんの持論ではありますが、

スライスなどに悩んでいる方の、何かヒントになれば嬉しいです(^-^)

ではでは、最後までお付き合いありがとうございました‼