高いスライスを直す。ローテーションを覚えて右足の前でクラブを振る

どうも、ゴルフおじさんです。

ショートアイアンはそこまで曲がらないんだけど、

徐々に長いクラブになるにつれて、右に曲がりだす。

特に、

ドライバーやフェアウェイウッドは、必ずといっていいくらい右に曲がる…。

このようなお悩みをお持ちじゃないですか?

いわゆる、スライスってやつです。

スライスにも色々な種類があります。

今回は、スライス対策の2つのポイントを書いていきますね。

【ポイント2つ】

:腕のローテーション(フェースローテーション)を覚える。

:右足の前にボールがあると思って振る。

【この記事はこんな方にオススメ】

:高いボールで出だしは真っ直ぐ、ナイスショット!(・´з`・)

って思ったのに途中から右に曲がりだす・・・( ゚Д゚)

そんなあなたにお届けします。

参考にしてください。

腕のローテーションを(フェースローテンション)覚える

①出だしは真っ直ぐ。

②高いボール。

③途中から右に曲がる。

この3つのことから分かるスライスの原因って、意外と簡単なことなんです。

それは、

軌道は真っ直ぐだけど、フェースが開いている

俗に、振り遅れともいいます。

ほぼほぼこれが原因ですね( ̄ー ̄)

てことはですよ?

フェースを閉じてあげればいいんです。

フェースを閉じれないのは、腕の回内運動回外運動がうまく出来てない可能性があります。

【関連記事】腕の回内回外ができないと、フェースが開いてすくい打ち

ではでは、その方法を写真で説明していきますね(^-^)

※右打ちの場合です。

▲まずは、腕の力をめちゃくちゃ抜いてください。めちゃくちゃ脱力してください。

そしたら、サンドウェッジなどの短いクラブを持って、

このように右腰の高さくらいまで上げます。

この時のポイントは、右手首のコックを使うことです。

【関連記事】手首のコックが解けてすくい打ち

▲次に、めちゃくちゃ脱力した状態でクラブヘッドの重さを感じながら、

左腰の高さくらいまでビュンっと振ります。

▲この際に、両手が体の正面で『クルン』ってなります。

大事なことなのでしつこく繰り返しますが、腕、手は脱力してください。

決して、自らの力で手首をこねようとしないでください。

力さえ抜いていれば、クラブヘッドの重みで手とクラブフェースは

自然と『クルン』ってかえります。

結果、両腕の回内運動、回外運動が自然に行われます。

ザ・脱力で繰り返し練習してみてくださいね(^-^)

右足の前にボールがあると思って振る

さて、腕のローテーションは覚えましたか?

『ローテーションできてるはずなのに、まだスライスするんですけど(´・ω・)』

はい、そんなあなたにもう一つアドバイスさせていただきますね。

ズバリ、

右足の前にボールがあると思って振ってください。

その理由は、ローテーションのタイミングが遅い可能性があるからです。

今のあなたのローテーションのタイミングは、

ボールを打つ直前か、ボールを打った後になってないですか?

ボールを打ちにいくぞ、って思いが強くなればなるほど

ローテーションのタイミングは遅れます。

もっと早い段階でローテーションをしてみましょう。

▲ローテーションのタイミングが遅いと、フェースは開いたまま

ボールに当たります。

んで、スライスになるんです。

▲ローテーションのタイミングを、右足の前くらいから始めれば、

ボールに当たる時にフェースは閉じてくるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか(^-^)

最初はショートアイアンで試してみてください。

おそらく、左にフックする強いボールがでると思います。

徐々に長めのクラブにしてって、

最後にはドライバーでオリャ!っと思いっ切り振り切ってみてくださいね。

あなたのスライスが直るのを楽しみにしています(・ω・)ノ

ではでは、最後までお付き合いありがとうございました‼