ゴルフのカット打ちを治す。アウトサイドインをインサイドインに修正

どうも、ゴルフおじさんです。

さて、今回はレッスン記事です。

お相手は、イケメン車屋さん社長のイケダさん。

イケダさんはゴルフ初心者で、今回で打ちっぱなしは2回目です。

ブログに写真の掲載OKしてくださりありがとうございます(^-^)

ではでは、どうぞ(-ω-)/

アウトサイドイン軌道

まずはレッスン前の、トップからインパクトまでの連続写真をご覧ください。

▲切り返しから、ボールに向かって身体が突っ込んでいく。

腕だけを使って、打ちにいっている。

▲クラブヘッドが、極端な鋭角軌道になってボールに向かっていく。

▲このままだと、ボールの手前をたたいてしまう。

▲ボールの手前をたたきたくないので、右から左にボールをこするように

クラブを振っている。

結果、アウトサイドインの軌道、カット打ちになってしまう。

で、イケダさんが現段階で求めてるいるのは、

スカッと気持ち良く遠くに飛ばしたい‼(゚д゚)!

であるのであれば、このクラブ軌道だと飛ばないので、まずはそこを修正していきます。

高いティで打つ練習

練習方法として、高めのティにボールを置いて打つ。

この練習のポイントは、ボールだけを打つことです。

なるべくティを一緒に打たないようにすることです。

※アイアンでの練習方法です。

▲このように、ゆるやかな斜め上からの軌道で、ボールだけを打つ練習をします。

▲イケダさんのクラブの軌道は、こんな感じに下から上にいってます。

すくい打ちになってしまってる。

しかもフェースが開いてるので、ティの下側を打ってしまうと、だるま落としみたいにボールが5センチしか飛ばなかったりしますW

この練習は、クラブが下から上の軌道だと、ティをバッシバッシ打ちます。

すくい打ちに悩んでいる人にも、良い練習になりますよ(^_-)-☆

では、どーすればボールだけを打つことができ、なおかつ真っ直ぐに飛ばせるのか?

それは、クラブの軌道をインサイドから円を描くように振ることが求められます。

インサイドイン軌道

インサイドイン軌道にする修正方法は色々とありますが、今回イケダさんのイメージにビタッとハマった練習方法が、右腕だけで振る片手素振りです。

▲このように、クラブヘッド側を持って右腕だけで素振りをします。

できるだけ力を抜いて、ムチのようにビュンビュン振ります。

※やり方のポイントは、また近々ブログにアップします(´・ω・)

何度も素振りでイメージを作ったら、いざ、実践です。

▲身体の突っ込みが我慢できています。

イイ感じです(゚д゚)!

▲クラブヘッドが背中方向から降りてきてます。

インサイドからきてます。

▲フェースはまだ開いてるが、今は全然OK。

▲ふり抜きも力強くなってイイ感じ(゚д゚)!

まとめ

アウトサイドインの軌道をインサイドインの軌道にする。

次回からは、インサイド軌道を徐々にゆるやかにしていき、

腕のローテーションを覚えていってもらいます。

イケダさんの成長が楽しみです(^-^)

全力でお手伝いさせていただきます‼

それでは、最後までお付き合いありがとうございました(‘ω’)ノ