ゴルフ、グリーン周りのアプローチを寄せるにはイメージが大事。

筋トレで、スクワットを久しぶりにやりました。

なぜか、ふくらはぎをつった。

どうも、肉離れ寸前おじさんです。

さて、今回はグリーン周りのアプローチについて書いていきます。

さぁ、どぞ(‘ω’)ノ

トップとザックリの繰り返し

最終ホールのグリーン周り。

残り10ヤード、そんなに難しくないアプローチだ。

よし、これをグリーンにのせて2パットでベストスコアだ。

もらったぜ。

行けーー‼(゚Д゚)ノ

『ザクッ

ん?(´・ω・)

ボールが30㎝しか進んでいない。

まずいぞ。

次は失敗できない。

よし、行けーーー‼(゚д゚)!

『カツン』

ん?(´・ω・)

グリーン奥のOBにまっしぐら。

気づいたら、グリーン周りを行ったり来たりで大たたき。

こんな経験ありませんか?

めっちゃ悔しいですよね?

球の落としどころを強くイメージする

なぜこのようなミスをしてしまうのか。

その原因の1つとして、腕だけで打ってる可能性があります。

例えば、空き缶を3メートル先のゴミ箱に、下から放り投げて入れるイメージをもってみて下さい。

まず、目線はゴミ箱にあると思います。

そして、缶を放り投げるとき

その時の身体の使い方ってどうなってますか?

使ってるのは腕だけじゃないと思います。

少しヒザを曲げて、ちょっと前かがみの姿勢になって

カラダ全体を使って放り投げてると思います。

短いアプローチって、この感覚に似てると思います。

打ち方どうこうの技術的なことは一旦置いとて、このイメージを持ってみてください。

自分を信じて振り切ろう

ミスをしてしまう、もう1つの原因

それは、半信半疑でボールを打ってしまってることだと思います。

大きく打ち過ぎたらイヤだと思いながら打てば、身体にブレーキがかかる。

逆に、届かなかったらイヤだと思いながら打てば、身体は加速します。

一度イメージを作ったら、それを信じて振り切りましょう。

練習方法

▲まずは、ボールを落としたい場所を見ながら

あそこに打つぞって強くイメージしながら、2~3回素振りをしてみてください。

最初は、5~10ヤードくらいの、短い距離でいいです。

そしたら、ボールにかまえます。

で、素振りの時と同じように、ボールを落としたい場所を見ます。

ボールは一切見ないでください。

チラ見もダメよ|д゚)

▲そして、素振りで作ったイメージを信じて、

テークバックして

▲ボールは一切見ずに、振り切ります。

ボールを見てなきゃ、当たんねーだろって思いますよね。

安心してください。

当たります。

てか、ボール見ない方が、思ったところに打てちゃったりしますw

まとめ

いかがでしたか?

この練習をする際、最初は窮屈に感じるかもしれません。

がしかし、慣れてくると面白いように、思った場所に打てるようになってきますよ(^-^)

注意してほしいのは、決して腕だけで打たないようにしてください。

コツとしては、一旦息を止めて、フーッと息を吐きながらクラブを上げて打ってみて下さい。

お腹周りの、大きな筋肉を使って打つ感覚がわかると思います。

この練習は、ボールをたくさん打ったほうがいいので、

打ち放題のある練習場をオススメします。

それでは、練習頑張ってください(^-^)

僕も頑張ります(´・ω・)