行動したいけど、なかなか行動できない原因。親に感謝してますか?

4か月間、クマのように冬眠してました。

どうも、くまのプーおじさんです。

さぁ、どうぞ。

行動のブレーキを取っ払う

なぜ人は行動したいのに行動できないのか?

なぜ行動にブレーキがかかってしまうのか?

あなたにもそのような経験ありませんか?

僕は、ブレーキかかることがたくさんあります(‘Д’)

行動できないのって、人それぞれ色々な原因や要因があると思います。

最近僕、行動のブレーキの一部を取っ払いました。

そんな実体験を、今回は書いていきたいと思います。

N国党風に言うと、行動のブレーキを、ぶっ壊~~~~す。(・ω・)ノ(゚Д゚)ノ

さて、僕には師匠がいるんですけど、(こっちが勝手に、一方的に師匠と思ってる)

かれこれ四年前くらいになるんですが、

その教えでこんなことがありました。

それは

【母親に、今までごめんなさい。僕のこと愛してくれてますか?

生んでくれてありがとう。】

を、言ってみなよ。

youゆっちゃいなよ。

とのこと。

………。

いやいやいや、それはちょっと無理でしょ。

今さらそんなこと言えないわ。

生んでくれてありがとうなんて言うの、めっちゃ恥ずかしいでしょうが(´・ω・)

そんなこんなで時がたち、今年に入りました。

この先も、こんなことを言うとは思ってもみなかったんだけどね……。

親に感謝と謝罪をしよう

師匠いわく、行動できない原因の1つとして、親からのブレーキがかかってる場合があるらしい。

何かをしようと思った時にかかる行動に対するブレーキのほとんどは、

親から与えられたものだといわれてるそうです。

無意識の領域で、親から与えられた判断基準があるみたいだ。

ん?(。´・ω・)?

なんのこっちゃって感じですよね。

具体的に説明すると、

例えば子供の頃から親に

『大人になって働きだしたら、必ず正社員になりなさい。正社員は安定してるから。間違っても自分で起業するなんて考えないこと。絶対に失敗するからね‼恥をかくようなことするな‼

こうゆうことを言われ続けると、大人になったら正社員をめざす。

起業って、楽しそうだからしたいなーって思っても、

いや、失敗するからやめようってブレーキがかかってしまう。

本当は、良い自分も悪い自分も認めてあげたいはずなのに。

本当は、もっとチャレンジしたかった。危ないこともしてみたかった。

でも、それを許してくれなかった親に対してまだスネている、怒っているってこと。

なので、今までスネて怒っていたことに対して謝罪をし、

そして、ありがとうの感謝を伝える。

今はこの意味が分かるんですが、当初は全然意味がわからんかった。

だからって、これ言ってなにんなんの?

って感じでした。

それなりに、やりたいこともやらしてもらってたし、

迷惑もたくさんかけてたし。

んなこと言わなくても、心の中で感謝してるしって。

あ、誤解してほしくないんですが、親が悪いとかそうゆうんじゃないので。

親も、自分の親や周りの人にそのようなことを言われて育ってるんで。

子供のことを思って言ってるのがほとんどだと思うし。

んで、最近実家に帰りました。

どうなったと思います?

Doなった?

涙がとまらない

その日は、夜の11時30分頃に実家に到着しました。

実家の合鍵は持っているので、そっとカギを開けて家の中に入る。

もう夜も遅いんで、電気は消えていて、母親も寝ていました。

久しぶりの実家。

2階に上がって自分の部屋に入ると、布団がしいてあった。

冷房もつけてくれていた。

なんだか、ほっこりした。

次の日の、昼前くらいに母親が部屋に入ってきて

母親:『お帰りなさい。昨日は遅かったの?もう寝てたわよ。』

自分:『…まーね。』

母親:『ご飯できてるから、食べたくなったら降りてきなよ。』

自分:『ん、あー。』

昔から、そんなに母親とは話さないので、素っ気ない会話だ。

下に降りると、ご飯が用意されている。

テレビがついてたんで、それをボーっと見ながら、

いつあの言葉を言おうか、ご飯を食べながら考える。

考えれば考えるほど緊張してくる。

母親は食器を洗いながら

母親:『向こうでは頑張ってるの?』

自分:『ん、まーね。』

母親:『ちゃんとやってけてるの?』

自分:『ん、まーね。』

心臓がバクバクで、会話があまり入ってこない。

そもそも、あの言葉を言う必要があるのか?

別に、強制的にやれって言われてるわけじゃねーし。

また今度にしようかな。

現実逃避を考えはじめる。

いやいやいや、今日言わないと、一生言えない気もする。

頭の中で、天使と悪魔が戦っていやがる。

ご飯も食べ終わって、NHKのよくわからん番組をボーっと見続ける。

母親:『テレビ見てないなら消すわよ。』

自分:『いや、見てるし。』

いや、全然見てない。

沈黙が続く。

テレビの音だけが、小さく流れている。

やっぱり今日言うぞ。

サラッと言って終わりにしよう。

ようやく覚悟を決めた。

洗濯物をたたんでる母親に

自分:『ちょっと話したいことがあるんだけど。いい?』

母親:『なになにちょっと~?怖いんだけど。』

四人掛けのテーブル席、目の前に座ってもらう。

もう逃げられない。

自分:『んーとね、』

しっかりと母親の目を見て

『今まで育ててくれて、そして、生んでくれて、どうもありがとう。』

ペコリと頭を下げて

よし言えたぞって思いながら、頭を上げて母親の顔を見た瞬間

涙があふれ出てきた。

とっさにテーブルの上のティッシュを数枚取って、目にあてた。

ヤバい。

涙が全然止まらない。

なんだこれは?

そんな姿を見て心配したのか

母親:『どうしたの?なんかあったの?』

こう聞いてきた。

でも、涙で声が出せない。

ただただ下を向いて、首を横に振ることしかできない。

しばらくこの状態が続き、ようやく涙がおさまってきた。

謝罪と、愛してくれてるを言わなきゃと思っていた時

母親が、涙声でこう言ってきた。

『生きてるときに言ってくれてありがとう』

って。

あかんよ、その言葉は。

またまた涙がとまらなくなってしまった。

なにも喋れない。

こんなにも涙を流したのは、生まれて初めてだ。

数分後、ようやく涙もおさまってきた。

なんだか、めちゃくちゃスッキリした。

目の前が明るくなって、心が軽い感じになった。

自分:『急にゴメン。何かあった訳じゃなく、ただ伝えたかった。』

母親:『そっか。ありがとう。』

その後、母親に自分のやりたいことを話した。

今までは、否定されるのが分かっていたから向き合うことをしてこなかった。

でもこの時ばかりは、しっかりと向き合って話しをしました。

こんなことは、今までで一度もなかった。

そして、ハッキリと分かったことがあります。

親は最強の味方だってこと。

なんか、なんでもできそうになりました。

まとめ

今回、これを実行した理由なんですが、

行動のブレーキを取っ払うってことより、後悔したくなかったからです。

恥ずかしくて言いづらいけど、言葉にして伝えたかったから。

結果、ブレーキも取れました。

親と仲が良いですか?

それとも仲が悪いですか?

どっちにせよ、この言葉を言ってみてください。

生んでくれて、どうもありがとう(^_^)

って。

なにかが変わりますよ。

長文のお付き合い、ありがとうございました(‘ω’)

※師匠と出会うきっかけになった物語はコチラ

↓↓↓

STORY